読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を味方につける方法 BY ミルエリa.k.aビリチェンさん

内的世界に変化を起こして世界と繋がるアウェイクナー

不器用な人のカリスマ入門①

「人を惹きつけるカリスマに俺はなる!」

 

 

f:id:ssnby0315:20160728202347p:plain

 

この仕事を始めた時そう思い

たくさんの本を読み、セミナーに通い、たくさんの勉強をしました。

 

 

f:id:ssnby0315:20160728202438p:plain

Amazon CAPTCHA

 


たくさんの知識を身に付ければ

カリスマになれると思っていました。

 

 

でも、なれたのはただの物知りおじさん。

 

 

知識を学べば学ぶほど

臆病になり、誰かと自分をいつも比較して

自分にがっかりする日々を送っていました。

 

 

ある日ふと気づいて

 

改めて人を惹きつけるカリスマを観察してみると

僕は自分の勘違いに気付きました。

 

 

カリスマ=知識量

ではないということに。

 

 

そう、知識量だけならただの雑学王

 

 

人を惹きつけるカリスマの共通点は

いくつかありましたが

大きく分けると

 

 

タイプは2つ。

 

 武装系カリスマと

武装解除系カリスマです。

 

何じゃそりゃ?

 

武装系カリスマとは


子どもの頃は勉強やスポーツができて

やればそれなりに何でもできるタイプ。

 

自分に自信があるので、コミュ力も高く

自分がこうなりたいという理想像を実現するために

どんどん能力を身に着けていくタイプです。

 

このタイプは

エネルギッシュでいかにもできそう!

何でもそつなくクールにこなす

という印象で、どんな環境でもそれなりに力を発揮しますが、

活躍するフィールドが自分にフィットすると武装系カリスマとして

沢山の人を惹きつけます。

 

こんな感じ

f:id:ssnby0315:20160728203321p:plain

 http://natalie.mu/eiga/news/161538

f:id:ssnby0315:20160728212917p:plain

http://official.stardust.co.jp/keiko/

 

一方、

武装解除系カリスマは

子どもの頃は苦手なことが多く、

不器用とか天然と思われるタイプ

 

 

周りと比べて苦手な自信を無くし

苦手克服のために様々なスキルで武装していく過程で

ふと、「もういいやぁ」諦めにも似た感情からできることに集中することで

能力を開花させ、短所や苦手が味になる。

周りと比べず、自分にとっての普通を受け入れ、活躍できるフィールドが見つかると

脱ぎ捨て系カリスマとして、価値観の合う人を惹きつけるタイプ。

 

f:id:ssnby0315:20160728203821p:plain 

http://spotlight-media.jp/article/248646990115415561

 

 

f:id:ssnby0315:20160728213153p:plain

http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/46359126.html

 

で、このブログのタイトルにある
自分自身を面白がるとかMYWAYっていうのは

武装解除系カリスマのこと。

 

多くの人が、世の中的な

正しさ、かっこよさ、美しさ、成功、能力に囚われて

色んな武器を身に付けることで

いつの間にか自分の持っている魅力が陰っている。

 

逆に、

自分の価値を低く見積もりすぎて

本当はやってみたいことに挑戦する勇気を失っている。

 

だから、

一旦武装解除して

自分の普通を認めて受け入れて

本来ある魅力を開花させるお手伝いをするのが

このブログの目的。

 

その為には

自分を俯瞰して客観的に見ること。

 

客観的に見た上で

自分の持つ魅力に合ったストーリーを描き

f:id:ssnby0315:20160728214429p:plain

http://www.threetroy.com/drive-r/misakiline.html

 

勇気を持って進み出す。

 

次回はどうして武装解除系カリスマなのかをお話します。

 

本当のあなたは

どんなストーリを歩みたいのか?

 

 

ちょっと考えてみてくださいまし。

 

 

ばーい!