読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を味方につける方法 BY ミルエリa.k.aビリチェンさん

内的世界に変化を起こして世界と繋がるアウェイクナー

強みを探すだけでは意味がない理由 使命なんてそう簡単に見つからない。才能なんてそう簡単に輝かない。

この世に生まれたからには、

 

 

自分の使命をまっとうしたい!

 

 

才能を活かして活躍したい!!

 

 

そんな風に思う方も多いと思います。

 

 

その証拠に巷には

 

ミッション(使命)を見つける

 

天職を見つける

 

強みを見つける

 

才能発見

 

そんな内容のセミナーが溢れています。

 

何を隠そう僕も

ミッション、天職、強み、才能

 

 

自分も探しまくったし

 

 

クライアントさんの

ミッション、天職、強み、才能

 

を見つけるお手伝いをしていました。

 

でも、ミッション、天職、強み、才能…。

 

そもそも1日向き合ったぐらいで

見つかるもんではありません。

 

 

ここで、

ミッションや天職が見つかる人

強みや才能が開花する人と

 

 

そうでない人

ミッションや天職が見つからず、探し続けて数年経過する人

強みや才能が見つかっても、生かせない人の

 

差が生まれます。

 

 

ミッションや天職が見つかる人

強みや才能が開花する人は

 

過去を振り返ったり、

現状を把握したり

未来をリアルにイメージしただけで

 

人生が変わるとは思っていません。

 

使命や才能の源泉を見つけたら

実生活で、試してみて軌道修正していきます。

 

一方で、いつまでも使命や才能を探し続ける人は

 

使命や才能を見つけるだけで

潜在意識が変わって人生が好転すると思っているので

 

せっかく自分と向きあって

使命や才能(の源泉)を発見しても

実際に検証せず

 

「私にはもっと…。」

 

となって、

机上の自分探しに没頭し、

セミナーを渡り歩くようになっていきます。

 

使命や才能に気付くだけでは何も変わりません。

 

 

使命に気付いたのなら、

現状を自力で少しずつ変化させていく勇気が必要だし

 

 

才能(の源泉)に気付いたなら

開花させる工夫が必要です。

 

 

ちょっとや、そっと

使命や才能っぽいものに気付いたからって

人生変わったら乱気流並みに波乱万丈になってしまいます。

 

 

使命は人生最期の時に初めて答え合わせができる。

 

才能が開花するのは時間がかかるもの。

 

 

こんな風に長い視野で考えていけば

自分が今やるべきことががしっかりと見えて

地に足の着いた具体的な行動を積み重ねていくことができます。

 

 

人生はいきなりガラッと変わらない。

 

 

実はこう考えていた方が楽だし、結果も出やすいのです。

 

 

あなたが今できることは何ですか?